アート・カルチャー・ホビー

フランスで1つ星を獲得した初の日本女性、神崎千帆シェフの情熱

美を紡ぐ人々 パリでその実力を認められた「美を紡ぐ」日本人アーティストや職人たちとの出会いを、フランス移住2年目のライター・ルロワ河島裕子が綴ります。連載記事一覧へ>>

美を紡ぐ人 神崎千帆さん(料理人)【前編】

取材・文/ルロワ河島裕子

2人目の美を紡ぐ人は、2019年「ミシュランガイド」フランス版で、日本人女性として初めて星を獲得したパリ12区にあるレストラン「ヴィルチュス(VIRTUS)」シェフ、神崎千帆さん。快挙を成し遂げた彼女の料理人としての軌跡を追いました。

2019年 ミシュランガイド フランス版で1つ星に輝いた日本女性は2人。その一人が神崎千帆シェフ。

美しい空間で味わう見目麗しい料理に、五感が刺激される体験

友人からランチに誘われ、何の予備知識もなくパリ12区のレストラン「ヴィルチュス」を訪れたのは、2019年1月中旬のこと。

パリ在中20余年の食通の友人が「今、私がパリで一番おすすめするレストラン」というので、ただただワクワクしながら、店のエントランスを入ったのを覚えています。

そこは、スパイシーかつシックな色合いのインテリアで彩られた、洗練されていながらも居心地がいい空間。料理をいただく前から、すっかり気分は舞い上がっていたのですが、彩り豊かな前菜が供され、ひとさじ口に含んだ瞬間から、感動の時間へと変わっていきました。

ヴィンテージの家具や照明など、こだわり抜かれたインテリアも感性を刺激するヴィルチュスの店内。

日本人女性初、本場フランスで1つ星を獲得

そのわずか1週間後、ヴィルチュスが2019年「ミシュランガイド」フランス版で1つ星を獲得したというニュースが飛び込んできました。

その結果に深くうなずくとともに、食事の最後に言葉を交わした神崎シェフのキュートな人柄を思い出し、まるで友人が快挙を成し遂げたかのような嬉しい気分になったのでした。

2019年のフランスのガストロノミー界では、女性、そして外国人の活躍が目覚しかったそうですが、同店シェフの神崎千帆さんとアルゼンチン人のパートナー、マルセロ・ディ・ジャコモ氏は、まさにその象徴ともいえる2人。

小さな体に弾けるようなパワーを秘めた神崎シェフは、口を開けばとても気さくで明るく、そのポジティブなエネルギーが、料理にも注ぎ込まれているようです。

調理場で料理に向き合う顔は、真剣そのもの。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading