アート・カルチャー・ホビー

『日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和』東京国立博物館 平成館で開催中

『日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和』

国宝 銅鐸 島根県雲南市 加茂岩倉遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

令和2(2020)年は、わが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4(720)年から1300年。

その冒頭に記された国譲(くにゆずり)神話によると、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは神々や祭祀の世界を司る「幽(ゆう)」とされ、天皇は大和の地において政治の世界を司る「顕(けん)」とされている。

この「幽」と「顕」をテーマに島根県と奈良県に光を当て、出雲大社に残る古神宝、貴重な出土青銅器や最古級の石仏などを公開。

前期は2020年2月9日まで、後期は2月11日からと2期に分けて展示替えし、古代日本の成立やその特質に迫る。

『日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和』

東京国立博物館 平成館
2020年1月15日~3月8日
休館日:月曜、2月25日(2月24日は開館)
入館料:一般1600円
公式URL:https://izumo-yamato2020.jp/
ハローダイヤル:03(5777)8600

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2020年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年7月号 6月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading