アート・カルチャー・ホビー

又吉直樹さんの3冊目の小説『人間』

〔今月の本〕

『人間』

『人間』

又吉直樹 著/毎日新聞出版 1400円

美術の専門学校に通っていた頃、アーティストを目指す学生たちと“ハウス”で共同生活していた永山。グループ展で発表した作品が編集者の目に留まり、作品集を刊行して以降、絵と文章で身を立てている彼のもとに、昔の知人からメールが届く。

メールにあった思い出したくもない人間の名前から、永山はハウスにいた当時の仲間を振り返り……。

『火花』『劇場』に続く、又吉直樹さんの3冊目の小説。自問自答のモノローグや、安易な批判から始まったハウスの元住人同士の激しいメールの応酬などに表れる、思考の深さとことばの強さ。

東京での日々から両親の故郷・沖縄へ、その舞台の移し方や回想の描き方に著者のセンスが見える。

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading