アート・カルチャー・ホビー

“箱屋”常吉×銀座 蔦屋書店で誕生した、高級筆記具用文具箱

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、家庭画報編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

大切なコレクションを収める、“特別”を尽くした高級筆記具用文具箱

蔦屋書店

明治元年の創業から150年以上の歴史を誇る“箱屋”の「常吉」と、厳選された高級雑貨も扱う「銀座 蔦屋書店」がコラボレーションし、高級筆記具のための文具箱が誕生しました。

シンプルな木箱を開くと、中は上品なブルーで彩られた収納スペースになっており、そこに愛用の万年筆をセットすれば、自分だけのコレクションギャラリーに早変わり。

蔦屋書店

木の面の手入れ用に蜜蠟が付属しており、塗り込むたびに変化する杉の質感を楽しむのも一興です。

日本最高峰と謳われる伝統的な技法でなめした栃木レザー製の持ち手もこだわりの1つ。10万円。

Information

銀座 蔦屋書店

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX6階

TEL 03(3575)7755
営業時間 10時~22時30分
定休日 不定休

https://store.tsite.jp/ginza/

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2019年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading