アート・カルチャー・ホビー

東京バレエ団の創立55周年記念公演シリーズ第4弾は、勅使川原三郎の新作を世界初演!

〔今月の舞台〕

東京バレエ団×勅使川原三郎
新作『雲のなごり』世界初演
バランシン『セレナーデ』 ベジャール『春の祭典』

東京バレエ団×勅使川原三郎新作『雲のなごり』 世界初演バランシン『セレナーデ』ベジャール『春の祭典』© Shoko Matsuhashi

東京バレエ団の創立55周年記念公演シリーズ第4弾として、勅使川原三郎に委嘱した新作『雲のなごり』を世界初演する。

音楽は武満 徹の「地平線のドーリア」「ノスタルジア」。

東京バレエ団の精鋭のほか、KARASの佐東利穂子も出演する。

併演はジョージ・バランシンがチャイコフスキーの音楽に振り付けた『セレナーデ』と、モーリス・ベジャールがストラヴィンスキーの音楽に振り付けた『春の祭典』。

指揮はベンジャミン・ポープ、演奏は東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団。開演前にプレトークあり。

東京バレエ団×勅使川原三郎
新作『雲のなごり』世界初演
バランシン『セレナーデ』
ベジャール『春の祭典』

東京文化会館 大ホール
2019年10月26日・27日 14時~
S席1万円ほか
NBSチケットセンター:03(3791)8888
公演の詳細はこちら>>

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2019年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading