アート・カルチャー・ホビー

加藤和樹さん、久しぶりの日本人役に緊張!? 舞台『怪人と探偵』について伺います!

【連載】加藤和樹の<心・技・体>

新連載「加藤和樹の〈心・技・体〉」も第2弾に突入! 今回は、第1弾“浴衣編”を振り返ってもらいつつ、いよいよ9月14日に初日を迎える新作ミュージカル『怪人と探偵』と、次回からスタートする“料理編”への意気込みをお届けします!

――第1弾の浴衣体験、いかがでしたか?

「きちんと教わったのは初めてだったので、改めて何かこう背筋がピンと伸びる感じがありました。浴衣の着方にしても、帯の締め方にしても、初めは格好から入って“なんとなく着る”でもいいと思うんですが、日本人だったら知っておくべきじゃないかなと。今では、あまり日常的なものではないイメージがありますけれども、昔は浴衣やきものを着ることが日常だったわけで。世界中から大勢の人が来る東京オリンピックも控えていることだし、そういう歴史や伝統について、日本人としてもっと考えていきたいなと思いましたね」

――お買い上げの肌着はいかがでしたか?

「もう最高ですよ! 初めて袖を通したのに、まるでずっと着ていたかのような肌触りで、おかげでまったくストレスなく浴衣姿で歩けました。実は、家でパジャマ代わりにしてるんです。ちょっと贅沢なパジャマですけど(笑)、抜群の着心地でぐっすり眠れますよ。そういった肌着をはじめ、今の時代に合ったものもいろいろ開発されているのには驚きました。変わらないものがある一方で、よりなじみやすくスタイリッシュになっているものもあるのは嬉しいことですよね」

――第2弾では、お料理を体験していただきます。加藤さんの得意分野では?

「得意かどうかはさて置き、生活に欠かせないものにはなってるかもしれません。作っているときは料理のことしか考えないから気分転換に最適だし、それを食べることで体作りもできるので。自炊だと何をどれくらい使っているかわかるから、調味料を含めて自分で摂取量をコントロールできるんです。今はちょうど体の状態を整えているところなので、週に半分は自炊をしてます」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading