アート・カルチャー・ホビー

多才なマリアノ・フォルチュニの全貌に迫る『マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展』

『マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展』

『マ リアノ・フォルチュニ織りなすデザイン展』

マリアノ・フォルチュニ《オペラジャケット》と《デルフォス》
ともに1920年代 神戸ファッション美術館蔵

コルセットから女性の肢体を解放する、繊細なプリーツを施した軽くてしなやかな絹のドレス《デルフォス》を発表し、20世紀の服飾界で一躍寵児となったマリアノ・フォルチュニ。

ちなみに絹地は日本産であった。

アトリエもあった邸宅を美術館としているヴェネツィアのフォルチュニ美術館から、約30点のドレスやコートを含む所蔵作品が日本で初公開されている。

服飾・染織デザイナーであり、画家、版画家、舞台芸術家、写真家でもあった、近代のダ・ヴィンチとも称される多才な彼の全貌に迫る。

『マ リアノ・フォルチュニ
織りなすデザイン展』

三菱一号館美術館
〜2019年10月6日まで
休館日:月曜(9月16日・23日・30日は開館)
入館料:一般1700円
ハローダイヤル:03(5777)8600
URL:https://mimt.jp/fortuny/

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2019年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading