アート・カルチャー・ホビー

俳句を通じて会話する母との日常を描いた嵐山光三郎さんのエッセイ

今月の本

『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』

『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』

嵐山光三郎 著/中央公論新社 1600円

『悪党芭蕉』『芭蕉という修羅』など、これまでにない芭蕉論を発表、自身も俳句を手がける嵐山光三郎さんと、60代で俳句を始め、84歳のときに句集『山茶花』を刊行した嵐山さんの母上・ヨシ子さん。

本書は句に詠み込まれたヨシ子さんの心情を察し、ゆるやかな同居を始め、俳句を通じて会話する母と子の日常を描いたエッセイ集。

仲間と吟行に足を運んでいた70代。夫のノブちゃんを亡くし、この先どうしましょうといっていた80代、第2句集『九十二』を刊行後、句を詠まなくなったヨシ子さんの脳の活性化のため、母子で二人句会を始めた90代。

“ヨシ子さんは俳句の念力によって生きている”という嵐山さんのことばが腑に落ちる。

表示価格はすべて税抜きです。

取材・構成・文/塚田恭子

『家庭画報』2019年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading