アート・カルチャー・ホビー

同じ男に捨てられた元妻二人のおかしな共同生活『ニューヨーク 最高の訳あり物件』

今月のシネマ

注目の映画をピックアップ! 見どころとともにお届けします。

『ニューヨーク 最高の訳(ワケ)あり物件』

『ニューヨーク 最高の訳(ワケ)あり物件』

(c)2017 Heimatfilm GmbH + Co KG

デザイナー・デビューに向けて準備の最中、夫のニックから離婚を告げられたジェイド。

傷心の彼女に追い討ちをかけるように、自宅に戻ると離婚の慰謝料としてニックから高級アパートメントの権利を半分与えられたという前妻マリアが転がり込んできて……。

共通点は同じ男に捨てられたことだけ。

性格も嗜好も、ライフスタイルも価値観もまるで正反対のふたりが徐々に互いを理解すると同時に、自身の問題を見つめ、変わってゆく姿をマンハッタンを舞台にスタイリッシュに描いた作品。

『ニューヨーク 最高の訳(ワケ)あり物件』

ドイツ映画 110分
監督/マルガレーテ・フォン・トラッタ 脚本/パム・カッツ 出演/イングリッド・ボルゾ・ベルダル、カッチャ・リーマン、ハルク・ビルギナー
公式URL:https://gaga.ne.jp/NYwakeari/
シネスイッチ銀座ほか全国公開中

取材・構成・文/塚田恭子

『家庭画報』2019年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading