アート・カルチャー・ホビー

工芸菓子のバラ作りを体験!宗家 源 吉兆庵 銀座本店でワークショップが開催

できあがりのイメージ

宗家 源 吉兆庵 銀座本店にて、2018年9月14日(金)~9月28日(金)に「お菓子でつくる彩色の美 世界の花と鳥展」が開催されます。

9月14日(金)、15日(土)には、銀座本店で初の開催となる工芸菓子教室も行われます。日本料理 銀座松濤の懐石弁当を楽しみながら、菓子職人と一緒にお菓子の材料を使ってバラの花一輪を作る体験型のワークショップです。

工芸菓子は、江戸時代に大奥で鑑賞された「献上菓子」にはじまったという、観賞用のお菓子。主に、砂糖・米粉・白あんを使って作られます。

お菓子の素材だけで見事な作品をつくりあげる工芸菓子は、美しい日本の花や鳥、四季折々の情緒ある景色を、職人の技術と知識を結集して繊細かつ写実的に表現する、まさにお菓子の総合芸術。

展示では、お菓子で作られた美しい南国の鳥たちが鑑賞できます。 赤、緑、青の羽が美しく折り重なる南米のインコ「ベニコンゴウインコ」や、熱帯雨林に生息するキツツキの仲間「オオハシ」、深紅色の羽でハワイの伝統衣装を彩ってきた「ベニハワイミツスイ」など、菓子職人が作り上げた南国の鮮やかな世界をぜひ楽しんで。

お菓子でつくる彩色の美 世界の花と鳥展
会場:宗家 源 吉兆庵 銀座本店
東京都中央区銀座7丁目8-9
展示点数:植物 約25種、鳥 約10種(22羽)
期間:2018年9月14日(金)~9月28日(金)
開場時間:平日10時~21時、土日10時~19時 (最終日9月28日(金)は17時に閉場)
定休日:なし
入場料:無料

工芸菓子のバラを作ろう 銀座松濤の懐石弁当付き
開催日:9月14日(金)・15日(土)
時間:昼12時~(16時終了予定)
人数:各日10名ずつ(満席になり次第、受付終了といたします)
参加費:6480円(税込)
問い合わせ:0120-277-327(月曜~土曜9時30分~18時)
※要予約 ※制作後のバラは食べられません。
※できあがった作品は、後日発送します。

Information

宗家 源 吉兆庵 銀座本店

東京都中央区銀座7丁目8-9

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading