アート・カルチャー・ホビー

現代社会に問いを投げかけるヒューマンサスペンス。舞台『凍える』に注目

※この情報は、掲載号の発売当時のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

パルコ・プロデュース2022『凍える』

パルコ・プロデュース2022『凍える』

ブライオニー・レイヴァリーが書いた本作『FROZEN』(原題)は1998年にイギリスで初演され、2004年のニューヨークの上演時にはトニー賞の「BEST PLAY」にノミネートされたヒューマンサスペンス。

「病的疾患による連続殺人」を題材に骨太な脚本で描かれた本作は、残忍なニュースの報道が絶えない現代社会に問いを投げかける衝撃的なストレートプレイである。

演出は栗山民也、翻訳は平川大作、出演は坂本昌行、長野里美、鈴木 杏。

パルコ・プロデュース2022『凍える』

PARCO劇場
2022年10月2日~24日
1万円(全席指定)
パルコステージ:03(3477)5858
URL:https://stage.parco.jp/program/kogoeru/
※福島、兵庫、豊橋、松本、新潟、北九州、沖縄公演あり

表示価格はすべて税込みです。

構成・文/山下シオン

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading