アート・カルチャー・ホビー

柳宗悦が見出した“沖縄の美”。日本民藝館で多彩なコレクションが公開

〔今月の美術〕
復帰50年記念 沖縄の美

沖縄の美

紺地鶴亀松竹梅文様紅形風呂敷 琉球王国時代 19世紀

琉球王国として独自の文化を形成してきた沖縄に早くから着目した柳 宗悦。初訪問は1938年で、その後4回にわたり、工芸調査や蒐集を行った。

そのコレクションは紅型、織物、陶芸、漆芸など多岐にわたる。さらに柳は、沖縄の言語や文学、音楽、舞踊、建築などにも心酔したと記している。

日本復帰50周年を迎える2022年、改めて沖縄の美を紹介する。

復帰50年記念 沖縄の美

日本民藝館
〜2022年8月21日まで
休館日:月曜
開館時間:10時~17時
入館料:一般1200円
TEL:03(3467)4527
URL:https://mingeikan.or.jp

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading