アート・カルチャー・ホビー

知ればウィーン・フィルのニューイヤーコンサートがさらに楽しめる! ワルツの底知れぬ魅力

パンデミックの時代が求める音楽 ワルツの熱情 第1回(全12回) 明と暗が表裏一体となったワルツの底知れない魅力を訪ねます。

“ワルツ王”ヨハン・シュトラウス2世をウィーンに訪ねて

ウィーン王宮の祭典で踊る、エルマイヤーダンス学校(Tanzschule Elmayer)のデヴュータントたち。©Barbara Pálffy/fotopalffy

新年の幕開けと共に世界に流れるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの中継。美しいワルツの調べに人々は陶酔し、3拍子のリズムは寿ぎのムードを一層高めます。

けれど、ワルツにはもう一つの顔があります。ヨーロッパ社会にペストやコレラ、スペイン風邪が蔓延したパンデミックの時代、不穏な空気に覆われる中、熱に浮かされるかのようにワルツは流行してきました。

ワルツには時代の激流に翻弄される人々を惹きつける何かが潜んでいるかのようです。明と暗が表裏一体となったワルツの底知れない魅力を訪ねます。

“ワルツ王”ヨハン・シュトラウス2世をウィーンに訪ねて

ダンスホール「ツム・シュペール」で踊りを楽しむ人々。1873年。©Wien Museum/Brigit und Peter Kainz

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading