アート・カルチャー・ホビー

庭を望むカフェやサザエさんグッズも。2020年7月オープン「長谷川町子記念館」

癒やしの絶景美術館 最終回(全12回) 非日常感を味わいながら、心を癒やし、明日への活力をチャージする場所として美術館を楽しんでいるかたも多いことでしょう。展示作品はもちろんのこと、そのロケーションや建物も一体となってアートを堪能でき、心癒やされる美術館を全国各地で探しました。前回の記事はこちら>>

[東京・桜新町]長谷川町子記念館

[東京・桜新町]長谷川町子記念館

1階常設展示室の奥にある畳敷きの小上がりは、世間にあまり知られていない町子の絵本も読めるコーナー。タッチパネルを使った塗り絵もあり、小さな子どもも楽しめる。

大人も子どももときめく。懐かしのマンガの世界に癒やされる

マンガのキャラクターを愛でるテーマパークではなく、作者の生き方や活躍の足跡、制作活動への情熱までも手に取るようにわかるミュージアムにご案内。作品の世界観を再現する展示には、思わず童心に戻り、時間を忘れて癒やされます。

サザエさんと町子さん、二人の世界に遊ぶ

明るくそそっかしいサザエさんを中心に、庶民の暮らしを楽しく描いた国民的マンガ『サザエさん』。作者で日本最初の女性漫画家である長谷川町子(1920~92年)の作品世界と生涯を紹介する「長谷川町子記念館」が2020年7月にオープンしました。

場所は、作者が後半生を暮らした街で、サザエさん一家の銅像があちこちに建つ東京・桜新町。町子と姉の毬子が蒐集した美術品を展示している「長谷川町子美術館」の向かいです。

[東京・桜新町]長谷川町子記念館

自伝的マンガ『サザエさんうちあけ話』の表紙をもとにした銅像。右からサザエさん、作者、『いじわるばあさん』こと伊知割(いじわる) 石(いし)。

特筆すべきは、デジタル技術を用いた令和スタイルの落書きや塗り絵を通して、マンガの世界に遊べること。タッチパネル式のモニターで貴重な原画を見ると、緻密な仕事ぶりがわかり感動します。町子の生涯が辿れる展示室には、お洒落をした写真や、仕事に行き詰まったときに作ったという陶芸作品もあり、素顔が垣間見られます。

[東京・桜新町]長谷川町子記念館

『サザエさん』に登場する生活道具を配した茶の間。左の板塀はデジタル技術を駆使したもので“光の落書き”ができる。

忘れずに立ち寄りたいのが、庭を望むカフェ兼ショップ。銀座の老舗の豆で淹れるコーヒーは、100種類のマンガ付きカップのいずれかで供される心憎い演出です。サザエさんがプリントされたオーガニックコットンのエコバッグや、企画展に合わせたグッズなども好評。懐かしい世界に癒やされ、元気をもらえるミュージアムです。

[東京・桜新町]長谷川町子記念館

マンガとはひと味違うタッチの絵柄が新鮮な一品。「サザエさんグラス」各770円。

下のフォトギャラリーから詳しくご覧ください。

Information

長谷川町子記念館

東京都世田谷区桜新町1-30-6

入園料 一般900円 長谷川町子美術館とのセット料金
TEL 03(3701)8766
営業時間 10時~17時30分(最終入館は閉館1時間前)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日振替)、展示替え期間、年末年始

各美術館の開館時間、休館日、展示期間、展示内容等は変更になる場合がございます。お出かけ前に美術館の公式ホームページ等をご確認ください。

撮影/大泉省吾 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2021年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading