アート・カルチャー・ホビー

古代の地図から現代の街を紐解く人気シリーズ最新作『アースダイバー 神社編』

〔今月の本/聖地の歴史を解く〕

『アースダイバー 神社編』

『アースダイバー 神社編』

ブックデザイン/木村奈緒子

中沢新一 著/講談社

縄文時代の地図と現代の街を照らし合わせ、その場所がなぜ今のような特徴をもつに至ったのかを解き明かす「アースダイバー」シリーズの真骨頂、神社編が登場。

私たちの祖先が聖地とし、のちに神社となった場所の心的・歴史的な構造を探る。

取り上げられるのは大日霊貴神社(鹿角大日堂)、諏訪大社、三輪神社、出雲大社、和多都見(海神)神社、志賀海神社、穂高神社、伊勢神宮など。

本書の知識をもって神社に行くと、これまでとは異なる新たな発見ができそうだ。

「#今月の本」の記事をもっと見る>>

『家庭画報』2021年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading