アート・カルチャー・ホビー

藤田美術館の名品物語・6月 家族への想いが込められた名碗【動画あり】

6月 黒樂茶碗 銘 太郎 黒樂茶碗 銘 次郎

《黒樂茶碗 銘 太郎》(右)《黒樂茶碗 銘 次郎》(左) 覚々斎宗左(かくかくさいそうさ)〔原叟(げんそう)〕作 18世紀 表千家6代覚々斎宗左が作り、樂家5代宗入が釉薬を掛けて焼いたもの。覚々斎はしばらく自ら愛玩したのち、「太郎」を長男の如心斎(表千家7代)に、「次郎」を次男の宗乾(裏千家7代)に、赤釉を掛けた「三郎」を三男の一燈(裏千家8代)に与えた。「太郎」の口縁、「次郎」の腰まわりなどに見える「カセ釉」(かさぶたのような斑点)に、宗入の特徴が見られる。

選・文=藤田 清(藤田美術館館長)

表千家六世の覚々斎原叟宗左は、3人の子供にそれぞれ、「太郎」「次郎」「三郎」の茶碗を与えた。美術館のコレクションを築いた藤田傳三郎もまた、男子3人の父。この茶碗を入手するため奔走するが、生前手に入れることができたのは「次郎」のみで、「太郎」は叶う事がなかった。

傳三郎の没後、長男の平太郎は、「太郎」をやっとの思いで手に入れる。子を思う父。想いに応えた子。茶を飲むための道具が、茶碗を通じた心の交流を教えてくれて、心も温かく潤してくれる。

作品のエピソードトーク

動画で藤田 清館長と谷松屋戸田商店の戸田貴士氏による、本作品のエピソードトークをご覧いただけます。

撮影/小野祐次 構成/安藤菜穂子

『家庭画報』2021年06月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading