アート・カルチャー・ホビー

現代アートの潮流がわかる。世界も注目する、桶田夫妻のコレクションを拝見

今こそ、教養として知っておきたい アートという資産 第2回(全7回)今、日本では空前の現代アートブーム。投資を目的に購入する人も増えています。現代アートは本当に資産となりうるのでしょうか。そのためのノウハウを著名なコレクターやギャラリスト、オークションハウス、投資家など専門家に教えていただきました。手に入れたお気に入りの一点が、将来、大きな価値を持つ日がやってくるかもしれません。前回の記事はこちら>>

桶田夫妻のコレクションを見れば現代アートの潮流がわかる

桶田夫妻のコレクションを見れば現代アートの潮流がわかる

「ほとんど一目惚れです」ー桶田夫妻

世界も注目している桶田夫妻のコレクション。海外のギャラリストや作家が訪ねてくることもあり、その際に案内するビューイングルームがあります。

ここにある作品だけでも、現代アートの潮流がわかるといわれるほど。俊二さん曰く、「一目惚れアートの結集」。ご自宅とも共通するのは、生命力のある色彩の作品が多いこと。

「色と形にこだわっています。購入の決め手は、目に飛び込んでくるもの。作品の力強さに惹かれますね」とは聖子さん。その審美眼は、何軒ものギャラリーや美術展を鑑賞することで養われていったそう。

絶えず新しい作品を見て選ぶのがコツ

「現代アートは新しい芸術。絶えず新しい作品を見て選ぶのがコツです。そして10年、20年、30年先でも新しく感じられるようなものを探すべきです」と俊二さん。さらに、これからコレクターを目指す人に向けて、いくつかのアドバイスをいただきました。

「重要なのは、本当に良いものを何点持っているか。好きな作家の中でも代表作を揃えたほうがいいですね。そして、繰り返し見たくなるようなものを選ぶこと。一度しまってもまた見たくなる、そんな作品です。サイズは、まずは自宅に飾れるもので、予算内で無理せずが基本。後に資産になるものを検討するのも一つの方策です」。

美大の卒展にも足を運びます

購入する場所や作家はコロナ禍により激変。「海外作家の代わりに、今まで出会う機会の少なかった次世代の日本人作家とシフトしました。スタジオを訪ねたり、美大の卒展にも足を運びます。注目点は、世界を舞台に活躍するようなパワーを感じるかどうか。

若手時代にご縁のあった作家さんたちが、結果飛躍をしたら本当に気持ちいい。その満足感こそ、何ものにも代えがたい資産といえるかもしれません」。

桶田夫妻の「一目惚れアート」コレクション

Information

今春、第4回コレクション展が開催に
『OKETA COLLECTION:4G』展

  • 「アートは人生そのもの」と語る桶田夫妻のコレクションを間近にできる好機。ほとんど新作で、委託制作した作品も出展。

    会期:2021/4/8〜4/25
    場所:スパイラル ガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1階)
    無料

撮影/本誌・西山 航 ヘアメイク/YOSUKE NAKAJIMA(Perle) 取材・文/小倉理加

『家庭画報』2021年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading