学ぶ

【「能」の言の葉・1月】翁/とうとうたらり、たらりら。たらりあがりららりとう。

1月・翁

那智滝(写真・スタジオサラ/アフロ)

とうとうたらり、たらりら。
たらりあがりららりとう。

選・文=大倉源次郎(大倉流小鼓方十六世宗家)

新年の翁は呪文から始まります。

次に謡われるのは「所千代まで座しませ、我らも千秋候はん、鶴と亀との齢にて、幸ひ心に任せたり」と、当時の最先端の今様。

次に大和言葉で「ちはやふる、かみのひこさの昔より……」。

そして最後が漢文の「万歳楽」。

古代─当代─大和─大陸と四つの異なる文化背景を持った寿ぎ歌なのです。

天下泰平、国土安穏、五穀豊穣を祈る『翁・三番叟』は世界の新年を飾るに相応しい演目です。

翁の面(写真・一般社団法人 日本芸術文化戦略機構)

「能」の言の葉

『家庭画報』2021年01月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading