学ぶ

今日この時を、精一杯生き切る「壺中日月長」【心を整える言葉・9月】文/川野泰周

壺中日月長(こちゅうじつげつながし)

壺中日月長

一度しかない今日この時を、精一杯「生き切る」ということ

文/川野泰周(林香寺住職・精神科医)

その昔、中国の仙人が壺の中に入り、桃源郷で悠久の時を楽しんだという逸話があります。

私たちがあくせくと生きるこの現実世界、理論上は皆1つの時間軸を共有していますが、その主観的速度は千差万別。

あれこれ思索してあっという間に終わってしまう1日も、「今ここ」という壺の中に心を置いた途端、この世界の美しさを知るひとときに生まれ変わります。

めくるめく激動の時代にあっても、ひとひらの好奇心を携えて今を生きる、本当の「生き方上手」でありたいと思うのです。

『家庭画報』2020年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading