学ぶ

己を見れば、世界が見える「照顧脚下」【心を整える言葉・7月】文/川野泰周

照顧脚下(しょうこきゃっか)

照顧脚下

己を見れば、世界が見える

文/川野泰周(林香寺住職・精神科医)

禅寺の玄関にはよく、「照顧脚下」と書かれた板が置かれています。

「足もとをきれいに、履き物を揃えて上がりましょう」という和尚さんからのお願いですが、もっと深い本当のメッセージも。

日々テレビでもインターネットでも、心をかき乱すかのように、情報の嵐が吹き荒れています。そんなときこそ、足もとを見つめて下さい。そしてしっかりと、地面を踏みしめていることを感じるのです。

心に迷いがあるときこそ、いま自らにできることを一つ、心を込めてやってみて下さい。足もとに転がる「幸せのかけら」を見つけるために。

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading