学ぶ

自分を許してあげましょう「念起即覚」【心を整える言葉・5月】文/川野泰周

念起即覚(念起こらばすなわち覚「かく」せよ)

念起即覚

我が心の声に耳を傾けることが、真の安心(あんじん)への近道となる

文/川野泰周(林香寺住職・精神科医)

中国で禅を学び、日本に曹洞宗を興した鎌倉時代の僧・道元禅師は、坐禅の心構えについてこのような言葉を残しています。

「坐禅をしていて雑念が湧いたらそのことに気づきなさい。そうすればそれは消えてゆくから」と。

坐禅をしていると、雑念を消そう消そうと頑張るほど、それに支配されてしまいます。

日々の心の在り方もまた同じ。忘れたい記憶、消えてほしい悩みばかりが思い出されるもの。

思い切ってそんな自分を、そんな考えを、許してあげましょう。

それも仕方ないさ。「にんげんだもの」。そう、相田みつをさんの言う通り。

『家庭画報』2020年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading