学ぶ

大人検定365 3月中旬から4月にかけて、曇りや雨が数日続くことを何と呼ぶでしょうか?

大人検定365 3月中旬から4月にかけて、曇りや雨が数日続くことがあります。このような現象を、何と呼んでいるでしょうか?

【問題】 3月中旬から4月にかけて、曇りや雨が数日続くことがあります。このような現象を、何と呼んでいるでしょうか?

取材・文/磯 由利子

春の花といえば“桜”かもしれませんが、黄色の“菜の花”も春の気分を盛り上げてくれますね。

菜の花が咲く3月中旬から4月にかけて、梅雨のように降る長雨のことを「菜種梅雨(なたねづゆ)」と呼んでいます。

昔から菜種梅雨は春の季語として、時候の挨拶などに使われてきました。ほかに「春の長雨(ながあめ)」「催花雨(さいかう)」といった言葉もあります。

3月の中旬になると、典型的な「西高東低」の冬型の気圧配置が弱まり、本州の南岸はユーラシア大陸と太平洋からそれぞれ張り出してくる高気圧の間で気圧の谷となり、前線が停滞しやすくなります。
このため、西日本から関東地方の太平洋側を中心に、曇りや雨の日が続くようになります。これが「菜種梅雨」と呼ばれる現象です。
停滞前線から離れた北日本では、高気圧に覆われて晴れる日が多く「菜種梅雨」はほとんどありません。

この「菜種梅雨」が過ぎると、木々の新芽が出て、花の蕾が開き、春が一気に到来します。自然にとっては、春を迎えるのに必要な雨なのですね。

【答え】「菜種梅雨」です。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る

写真/PIXTA 取材協力/気象庁

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年7月号 6月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading