学ぶ

大人検定365 神社の入り口を守っているとされる獣の像はなんでしょうか?

大人検定365 神社の入り口を守っているとされる獣の像はなんでしょうか?

【問題】
神社の入り口を守っているとされる獣の像はなんでしょうか?

取材・文/磯 由利子 取材協力/神社本庁

神社にとって「狛犬(こまいぬ)」は「鳥居」と並んでシンボル的な存在です。「狛犬」は「高麗犬」の意味で、獅子と共に対(つい)で置かれるとする説も。その起源は渡来の信仰に基づくもので、邪気を祓(はら)う意味があると言われています。

ふだん私たちは石製の狛犬を多く目にしますが、木製や陶製、金属製のものなどもあります。神社によっては狛犬ではなく、狐や牛、兎、鹿などの場合もあります。狐は稲荷神社、牛は天満宮に見られ、これらは“神様のお使い”とされています。

また寺院でもまれに狛犬が置かれることがあり、東大寺南大門の狛犬(石獅子)は石製として日本最古のものとされています。狛犬の種類は神社や地域によって実に多彩で、愛嬌のある顔つきのもの、獅子のように勇猛なものなど表情もいろいろ。また稲荷神社に置かれた白狐は、宝玉や稲穂をくわえていたりします。各地の神社を訪れる際に、狛犬や動物の像に注目してみるのも楽しいですね。

【答え】狛犬。神様の番犬的な役割を果たしています。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365をもっと見る
#日本再発見をもっと見る

写真/PIXTA

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月28日(金)発売

開運・招福別冊付録つき!『家庭画報』2019年2月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading