学ぶ

大人検定365 家庭の神棚に供えられている緑の葉は何というでしょうか?

大人検定365 家庭の神棚に供えられている緑の葉は何というでしょうか?

【問題】
家庭の神棚に供えられている緑の葉は何というでしょうか?

取材・文/磯 由利子 取材協力/神社本庁

神道で祭壇や神棚に供えられる緑の葉は「榊(さかき)」という常緑照葉樹です。ただ地域によっては「榊」と呼ばれる植物の種類が違うこともあります。一般的に「榊」というと、本榊(ほんさかき)指すことが多く、関東以北の本榊が生育しない地域では柃(ひさかき)や椿を「榊」の代用として神棚に供えていました。

漢字の成り立ちも「木+神」と書く国字(日本で生まれた漢字)であることからも、昔から神聖なものとして大切に扱われていたことがわかります。そして、榊に紙垂(しで)をつけたものを「玉串」と呼び、神社の正式参拝に供えます。

この玉串の由来ですが、『古事記』の天の岩戸(あまのいわと)隠れの神話にあります。天照大御神の岩戸隠れの際に、神々が行った祭りでは真榊(神事に用いる榊の鉢植え)に玉や鏡などをかけて、天照大御神の出御を仰いだことが記されています。この神話にも「榊」が登場しており、神棚の榊を見るたびに、現代でもその神話性が私たちに暮らしの中に受け継がれていることに気づかされます。

【答え】「榊」という常緑照葉樹です。神棚の榊は毎月1日と15日に取り替えるのが習わしです。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365をもっと見る
#日本再発見をもっと見る

写真/PIXTA

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月28日(金)発売

開運・招福別冊付録つき!『家庭画報』2019年2月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading