学ぶ

大人検定365 「トマトが赤くなると医者が青くなる」って、聞いたことがある?

大人検定365 「トマトが赤くなると医者が青くなる」って、聞いたことがある?

【問題】
「トマトが赤くなると医者が青くなる」って、聞いたことがある?

文/森山弥生

寒さがゆるむ季節になると、トマトがおいしく感じられます。ハウス栽培も多いので一年中ありますが、露地もののおいしさは格別。このことわざは、トマトが実る季節は病気になる人が少なく、患者がいなくて医者が青ざめる、の意味。昔からの知恵をわかりやすく伝えています。

トマトは風邪をひきにくくするビタミンCが多い野菜。ビタミンCは、体内で抗ストレスホルモンを合成するにも欠かせません。ほかにも葉酸、カリウム、β-カロテン、食物繊維など体にいい成分がたっぷり。

強力な抗酸化作用を持つ注目の機能性成分リコピン(リコペン)も豊富なので、生活習慣病予防にも効果的です。トマトは健康野菜の代表格であり、しかもこれから出回るお日様を浴びた露地もののほうが栄養価が高い、というデータもあるのです。

旨み成分グルタミン酸が、野菜の中では突出して多いことも特徴。ヨーロッパのトマト煮込み料理は、だし効果を活用していたのです。トマトはえらいですね!

【答え】「トマトが体にいい食べ物である」と伝えることわざ。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365をもっと見る
#食文化をもっと見る

写真/PIXTA 参考文献:『料理上手になる食材の基本』(野崎洋光著・世界文化社)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading