学ぶ

大人検定365 「初詣で」は神社とお寺、どちらに行くのが正しいでしょうか?

大人検定365 「初詣で」は神社とお寺、どちらに行くのが正しいでしょうか?

【問題】
「初詣で」は神社とお寺、どちらに行くのが正しいでしょうか?
(1)神社。
(2)お寺。
(3)どちらでもよい。

取材・文/磯 由利子 取材協力/神社本庁

新年を迎えてから初めて神社や寺院に参詣し、一年の幸せを祈ることを「初詣で」といいます。

神社とお寺、どちらに行くか迷う人もいるかもしれませんが、どちらに行っても大丈夫です。全国で人気の初詣でスポットは明治神宮、平間寺(通称:川崎大師)、成田山新勝寺、浅草寺、伏見稲荷大社、住吉大社など、やはり神社とお寺が混在していますね。

「初詣で」の始まりは諸説ありますが、年神様のやってくる方角にある神社や寺院にお参りして、その年の豊作や幸せを祈願する「恵方参り」が、時代の変化とともに「初詣で」になったともいわれています。

一般的に「初詣で」と呼ばれる期間は、松の内までを指す地域が多いようですが、地域によりさまざまです。神社とお寺ではお参りの作法が少し異なるので、初詣でに行く前に参詣のしかたを確認しておくよいでしょう。

【答え】(3)どちらでもよい。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365をもっと見る

#日本再発見をもっと見る

写真/PIXTA

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading