学ぶ

大人検定365 神社でお参りをする際、社殿でのお参りの仕方は?

大人検定365 神社でお参りをする際、社殿でのお参りの仕方は?

【問題】神社でお参りをする際、社殿についたら「二拝二拍手一拝」「鈴」「お賽銭」、どの順番でするのが一般的でしょうか?

(1)お賽銭→二拝二拍手一拝→鈴
(2)鈴→お賽銭→二拝二拍手一拝
(3)二拝二拍手一拝→鈴→お賽銭

私たちが神様にお参りする社殿の前には賽銭箱があり、その真上あたりに大きな鈴が吊られています。参拝の作法ですが、まずは「鈴」を鳴らします。これは、鈴の清々しい音色で参拝者を敬虔な気持ちにするともに、参拝者を祓い清め、神霊の発動を願うものと考えられています。

次に「お賽銭」を入れます。お賽銭の起源は御神前に米などをお供えしていたことに始まり、土地の神様に対するお供えや祓いの意味があるといわれています。

そして「二拝二拍手一拝」です。まず2回おじぎをします。次に胸の高さで両手を合わせて2回柏手を打ち、もう一回おじぎをしましょう。

この「二拝二拍手一拝」は神社により異なる場合があるので、参拝する神社に従いましょう。たとえば出雲大社は「二礼四拍手一礼」です。参拝すべての行為に神様への畏敬と感謝の念を込めて、丁寧な所作を心がけたいものですね。

【答え】(2)鈴を鳴らす→お賽銭を入れる→二拝二拍手一拝

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365をもっと見る

#日本再発見をもっと見る

写真/PIXTA 取材協力/神社本庁 文/磯 由利子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading