学ぶ

大人検定365 カタカナことば(外来語)を多く用いることは失礼にあたる?

【問題】カタカナことば(外来語)を多く用いることは失礼にあたりますか?

文/小笠原敬承斎(小笠原流礼法宗家)

外来語を会話に多用するのは失礼であるという声はよく聞きますので、カタカナことばはできるかぎり使用しないようにこころがける必要があります。

たとえば、「この資料のエビデンス(証拠)は何ですか」「仕事のトラブルがあり、本日のアポ(約束)をリスケ(スケジュール変更)していただけますか」「明日の会議に遅れないようにリマインド(思い出させる)をお願いします」「レス(応答、回答)が遅いので注意してください」「この件はプライオリティ(優先順位)が低いのでペンディング(保留)にします」など、あげるときりがありません。

さらには「ASAP(as soon as possibleの略で、できるだけ速くに)でお願いいたします」とEメールなどに記されていることがありますが、ことばを略しているうえに、上からものを言っているような印象を与える危険性も否めないので避けましょう。

【答え】はい。使い方には気をつけましょう。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
#マナー を もっと見る

写真/PIXTA

URL:http://www.ogasawararyu-reihou.com/index.html

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading