学ぶ

大人検定365 同じ鉱物でも、色の違いで宝石の名前が変わるって本当?

大人検定365 同じ鉱物でも、色の違いで宝石の名前が変わるって本当?

【問題】鉱物としては同じでも、色の違いで宝石の名が変わるって本当ですか?

(1)同じ鉱物でも色の違いで宝石の名前が変わる事はない
(2)その通り、ほとんどの鉱物は色で名前が変わる
(3)色の違いではなく、人間が勝手に好きな名前をつけることがある

文/山口 遼(宝石・宝飾史研究家)

答えは2です。いわゆる鉱物としての名前と、宝石のある名前とは、まったく関係がないといえます。

鉱物学者が使う名前、たとえば「ベリル」の指輪といわれても、ほとんどの方は何のことだかわかりませんし、どうでも良いと思うかもしれません。しかしこれが「エメラルド」の指輪といわれれば、目が輝くでしょう。

ベリルという鉱物のなかで、緑色のものを「エメラルド」といい、透明で水色のものを「アクアマリン」、ピンクのものを「モルガナイト」と呼びます。

もう一例、「コランダム」といわれてもピンと来ませんが、「ルビー」と「サファイア」といえば、すぐにわかりますよね。鉱物学者さんたちが何と言おうと、婚約にコランダムの指輪もらったじゃ有り難みがなく、ルビーの指輪なら、おーといいますよね。

【正解】2

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 の記事をもっと読む
賢くジュエリーを買うには?連載ジュエリーお買い物学を読む

写真/PIXTA

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年2月1日(金)発売

心弾む日本の極上ホテル 『家庭画報』2019年3月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading