学ぶ

大人検定365 「シルバーの箸」と「割り箸」、格が高いのはどちらでしょう?

【問題】
シルバー製の箸や高価な塗りの箸よりも割り箸のほうが格が高い?

文/小笠原敬承斎(小笠原流礼法宗家)

高価な塗り箸、シルバー製の箸など、様々な素材の素敵な箸はたくさんあります。

一方、柳箸(柳で作られた祝い箸とも呼ばれる、中太で両端が丸く細くなっている箸)、利休箸(千利休が考案した両端が細くなっている箸)、元禄箸(角を削り割れ目に溝を入れた割り箸)、天削箸(頭部を斜めにそぎ落したもの)、丁六(加工されていない大衆的なもの)など、木製の箸にも様々な種類があります。

ここでポイントになるのは、一度限りの使用か、または何度も使用するものかということです。たとえ高価でも、繰り返し長く使うものは略式と考えます。その理由のひとつとして、古くより箸は神の依代(よりしろ)とされてきたために、何度も同じ箸を用いることはないのです。

和食の作法は「箸に始まり箸に終わる」と言われるほど、箸遣いが重んじられる理由にもつながります。また、正しい箸遣いは、単に見た目の美しさだけでなく、機能性や合理性を兼ね備えていると言えましょう。

【答え】○

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
#マナー を もっと見る

写真/PIXTA 小笠原流礼法宗家 http://www.ogasawararyu-reihou.com/index.html

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading