学ぶ

大人検定365 甘い「フルーツトマト」、サイズが普通のトマトより小さい理由は?

大人検定365 甘い「フルーツトマト」、サイズが普通のトマトより小さい理由は?

【問題】
「フルーツトマト」が普通のトマトに比べて小さいのはなぜでしょう?

トマトが美味しい季節がやってきましたね。

「フルーツトマト」と呼ばれるのは甘みの強い高糖度トマトのことです。

トマトは実のサイズから、大玉、中玉、ミニトマトの3つに分類されますが、フルーツトマトの栽培に利用されているのはじつは大玉トマトであることが多いのです。

トマトの糖含有量を高めるには、ぎりぎりまで水分を少なく制御して栽培します。

潅水制御で栽培すると、トマトの成分は凝縮される代わりに、サイズが小さくなるのです。

たとえば大玉トマト1果を200gとすると、潅水制御で120gくらい、60%ほど果重が減ります。

けれど、もともと大玉トマトにある糖分は減らずに残るので、小さくなるほど、果重に対する糖分の比率は高くなり、結果、甘さを強く感じられるトマトになるというわけです。

正式な規定はありませんが、一般的には糖度8以上を「高糖度トマト」と呼ぶようですが、糖度10〜12の甘〜いトマトも流通していますので、ぜひ一度フルーツのような甘みを味わってみてください。

【答え】水分を少なく制御して栽培しているから

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
今が見ごろのスポットは?「花の名所」を見る

写真/横田秀樹 文/高梨さゆみ(フラワー&ガーデンエディター)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading