学ぶ

大人検定365 6月30日の「夏越の祓」では、なぜ大きな茅の輪をくぐるのでしょうか?

【問題】
6月30日に行われるの「夏越(なごし)の祓(はらえ)」では、なぜ大きな茅の輪をくぐるのでしょうか?

大祓(おおはらえ)とは、日本の伝統的な考え方に基づくもので、つねに清らかな気持ちで日々過ごせるように、心身の穢れや災厄の原因となる罪や過ちを祓い清めることです。

6月の大祓を「夏越の祓」と呼んでいます。

人形(ひとがた)などを用いて、身についた半年の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅(ちがや)や藁を束ねた大きな茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを3回くぐりながら「水無月の夏越に祓する人は千歳の命延ぶというなり」などと唱えます。

この行事は『古事記』『日本書紀』に書かれた神話「いざなぎのみことの禊祓」を起源とし、茅の輪は邪気を払うと信じられ、宮中でも古くから大祓が行われてきました。

12月の大祓は「年越の祓」と呼ばれ、新年を迎えるために心身を清める祓いとなっています。

半年に一度、自分の行いを振り返り、無病息災を祈る時間は、多忙な現代人にも必要なことかもしれませんね。

【答え】
心身の穢れや災厄の原因となる罪や過ちを祓い清め、残り半年の無息災を祈るためです。

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365をもっと見る

#日本再発見をもっと見る

写真/PIXTA 取材協力/神社本庁 文/磯 由利子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading