学ぶ

大人検定365 お中元やお歳暮にはメッセージカードをつけるのが正しい?

【問題】
お中元やお歳暮にはメッセージカードをつけるほうがよいですか?

一般的に、「お中元」「お歳暮」と書かれた熨斗紙を贈答品につけることで、季節の贈答は完結すると思う方も少なくないようです。

しかし、熨斗紙に書かれた表書は、あくまでもその品物がどのような目的で贈られたものなのかということを表しているだけにすぎません。表書イコール感謝の言葉、ではないのです。

本来、日頃お世話になっていることを手紙に記して、先方に品物が届く数日前に手紙を読んでいただくことが望ましいです。とはいうものの、そのゆとりがない状況も考えられます。

そのような時には、品物に手紙、またはカードを添えて送るとよいでしょう。カードの場合は手紙と同様、目上の方への贈答品に添える際は白を基調としたものを選びます。

お店の方に手紙やカードを預けて一緒に送っていただくように依頼する時は、封筒が汚れないように透明のビニール製の袋に入れておくことをおすすめします。

【答え】つけるほうがよい

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
#マナー を もっと見る

写真/PIXTA 文/小笠原敬承斎(小笠原流礼法宗家)http://www.ogasawararyu-reihou.com/index.html

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年9月号 8月1日(水)発売!

「音楽」を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading