学ぶ

大人検定365 パーティの招待状に「平服」とある場合、どんな格好がふさわしい?

【問題】
パーティの招待状に「平服」と書いてある場合、自分らしいカジュアルな服装でも良い?

「平服」とは日常の衣服という意味ですが、パーティの招待状に「平服で」と書いてあっても、それは振袖やロングドレスの正装は必要ないという意味であって、カジュアルな装いということではありません。

最近は何でもカジュアル化が進んでいるので、カジュアルと非カジュアルの境界線が曖昧になりがちですが、基本的なエチケットは大切にしたいですね。

ここで一度おさらいをしておきましょう。ホテルや式場での格式高いパーティでは、皮革素材は基本的に避けます。全面に革を使ったバッグやブーツはNGです。衣服はなるべくサテン生地のものにしましょう。靴は素足にミュールではなく、指先を見せないパンプスが正式です。アクセサリーは昼間ならパールやシルバーなど、夜ならジュエリーを。

エレガントな夜の集いには全体的にレザーを避け、シルクやサテンなどの光る素材にします。色は黒や紺、グレーなどはもちろんエレガントですが、差し色を使って個性を演出すると良いです。ヴィヴィッドな色をメインに使うときは大胆かつ色数を抑えます。スカートの丈はミニではなく膝下にするだけで、落ち着いたレディらしい装いになります。

会場の雰囲気や集いの目的などから、どの程度の格式が求めらるかがわかります。

【答え】×

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
#マナー をもっと見る

写真/PIXTA 文/清水彰子(SEI BY AKIKO代表)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading