学ぶ

大人検定365 お中元は6月下旬から差し上げてもよい?

【問題】
お中元は6月下旬から差し上げてもよいでしょうか?

お世話になっている方への感謝のしるしとして渡すお中元の贈答品ですが、昨今は直接相手先へ届けることが少なくなり、宅配便などで送ることが多いのではないかと思います。

百貨店では6月中旬頃にお中元のギフトコーナーを見かけますが、6月中に先方へ届いてしまうことは望ましくありません。

中国の暦において、旧暦で1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元とし、日本の盂蘭盆会(うらぼんえ)の先祖供養とも混じり、お世話になった親類にお中元の贈り物をする習慣が浸透したと考えられています。

したがって、お中元は7月上旬から15日までの間に差し上げるのが好ましいのです。

お中元の起源として、鎌倉時代から始まった「八朔の贈答」や「田の実の節供」と呼ばれている風習も大きな影響を与えたといわれています。

このように、日本には古くから伝わる様々な風習があり、それらを人間関係を円滑にするツールとして生かしていただきたいと思います。

【答え】×

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
#マナー を もっと見る

写真/PIXTA 文/小笠原敬承斎(小笠原流礼法宗家)http://www.ogasawararyu-reihou.com/index.html

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading