学ぶ

新連載「季節のオノマトペ」。ウグイスの声は、いつから「ホーホケキョー」?

1月・ウグイスの声

写真/イメージマート

写真/イメージマート

ホーホケキョー

選・文=山口仲美(日本語学者)

春の到来です。「春告げ鳥」の異名で親しまれているウグイスが囀り始めます。

最初は、たどたどしく「ホホウホホウ」とまるで私たちの言うことに感心して相槌を打っているような声で鳴きます。しばらくすると、「ホーホケキョー」とおなじみの透き通るいい声で鳴き出します。

ところで、ウグイスの声を「ホーホケキョー」と聞くのは、いつからでしょう? ずっと昔から、日本人はそう聞いてきたんじゃあないのと私たちは何となく思っています。

違うんです、江戸時代からにすぎません。古くはウグイスの鳴き声を「ウーグヒ」と聞いていた。だから「ウグヒス」という鳥の名がついたのです。

江戸時代は、仏教が盛ん。「法華経」と掛けて聞きなせるウグイスの声は大人気。「うぐひすの声にや誰もほれけ経」という句もあるほど。

写真/Yoshitaka〈PIXTA〉

写真/ Yoshitaka〈PIXTA〉

季節のオノマトペ

『家庭画報』2023年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading