学ぶ

【守りたい日本の鳥】伊豆諸島を代表する「アカコッコ」。もうひとつの生息地は…

11月・アカコッコ

アカコッコ

写真/坂東俊輝〈aflo〉

東京鹿児島親善大使、この島が好きなんです

選・文=川上和人(鳥類学者)

アカコッコは東京都の伊豆諸島を代表する鳥だ。三宅島にはアカコッコ館という施設があり、八丈島にはゆるキャラこっこめ君がいる。

しかし、この鳥はもう1ヶ所別の島にもいる。それは西に1000キロ離れた鹿児島県のトカラ列島だ。そして、その間の島にアカコッコはいない。

昔はもっと広く分布していて、この2ヶ所だけ残ったのか。それとも一方にいた鳥がなぜか他方を目指して飛んだのか。一体どんなドラマがあったのだろう。

花

写真/飯田信義〈aflo〉

実はイイジマムシクイという鳥も同じ分布で繁殖しているので、単なる偶然ではなく合理的な理由があるのかもしれない。海を越えて自由に飛べるのに、なぜかこんな分布になる。それが鳥の面白いところなのだ。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading