学ぶ

作家・阿川佐和子さんがコロナ時代に考えること。不安の中にも贈り物を探して

新しい世界の生き方 11月・贈り物を探して

贈り物を探して

文=阿川佐和子(作家)

南果歩さんが癌にかかったとき、ある医師に「キャンサーギフト」という言葉を教えられたという。

癌にかかるのはつらく悲しいことだけれど、つらく悲しい日々の中にも、探せば必ずいいことがあるはずだ。

思いもかけず優しい人に出会えたとか、それまでさほど気にかけなかった空の青さやそよ風や木々の美しさに感動したとか。

コロナ時代になって不安なこともたくさんあったが、同時にゆっくり家族と向き合い、ゆっくり時間を過ごし、自然と触れ合い、たっぷり考えるときを持つことができた気がする。

そうでなければ現代人は相変わらず突っ走って欲をむき出しにしていたにちがいない。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading