学ぶ

【守りたい日本の鳥】実在したのか、幻なのか、真実は闇の中。「アカヒゲ」の亜種

9月・アカヒゲ

アカヒゲ

写真/坂東俊輝〈aflo〉

悲劇か、誤解か、真実はいまだ闇の中

選・文=川上和人(鳥類学者)

アカヒゲは、鹿児島から沖縄の島々で繁殖する小鳥である。

この鳥は3つの亜種に分けられている。そのうちの一つウスアカヒゲという亜種は、八重山諸島の島である与那国島だけにいる。この亜種は1921年に1個体が記録され、これに基づいて新亜種として発表された。ただしほかに記録はなく、すでに絶滅している。

月夜

写真/aflo

そう書くと悲劇的な物語に思える。しかし、そもそもそんな亜種は存在しないという説もある。北方で繁殖するアカヒゲは秋に南に渡る。そんな越冬個体が定住個体と誤解され、新亜種として発表された可能性があるのだ。なお、当時は新亜種を見つけるのが流行した時代でもある。

はたして実在なのか、幻なのか。その答えは誰も知らない。

『家庭画報』2022年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading