学ぶ

「将来から見ると、今日が一番若い」心に響くコシノジュンコさんの言葉

今が一番若い

うちわ話

書・文=コシノジュンコ(デザイナー)

将来から見ると、今日が一番若い。みなさん、意外と気がつかないんですよ。当たり前のことだけど、発見です。

40、50、60歳になった時、もうこんな年齢になってしまったと感じたでしょう。でも後から考えると、あの時すごく若かったのに、と思う。だからそんなことは思わずに、「将来から見たら、今が一番若いのよ」と自信を持って。

若い時にやっておけばよかったと後悔をするのではなく、今を大切に。今日が一番若いと気がつくと、みんな気分がルンルンになります。やる気になるし、なんでもできる。「そうだそうだ、一番若いんだから」って(笑)。

何事も、やるなら今。今を楽しんでいるのが、一番若い。キラキラしている。年齢じゃなく、一時のことではなく、若いとは元気な人のことを言うのです。

撮影/本誌・大見謝星斗

『家庭画報』2022年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading