学ぶ

コシノジュンコさんが目指す“極”とは。自分の中から生まれた、徹底的なオリジナリティ

極

書・文=コシノジュンコ(デザイナー)

“極”という一文字、極みというのは、これひとつしかない、という究極のことだと思うんですよね。

追求する、徹底する、とことんやる。極まったものは、余分なものは一切なくて、シンプルで、洗練された美しさがある。流行ではなく、時間や空間を超えて永遠にいい。理屈じゃないと思います。

極みは、偶然でも、どこにでもあるものでもなく、長年積み重ねた、研究した結果の整理されたもの。だから時間がかかりますよね。一発では決まらない。

仕事でも料理でもなんでも、とにかく自分自身が積み上げたものでないと通用しません。人にない、徹底的なオリジナリティであり、自分の中から生まれたものでないと。

“極”は理想です。私もずっとそうなれたらいいなと、目指しているのです。

撮影/本誌・大見謝星斗

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading