学ぶ

【守りたい日本の鳥】この鳥を次世代に残せるか。固有種「オガサワラカワラヒワ」

6月・オガサワラカワラヒワ

オガサワラカワラヒワ

撮影/向 哲嗣

弱い鳥と書いて「鶸(ひわ)」、天国に一番近い鳥。

選・文=川上和人(鳥類学者)

東アジアに広く分布するカワラヒワと同種とされてきた。しかし、2年前の研究で100万年以上前に別系統に分かれた別種とわかった。小笠原だけにいる固有種だったのだ。

オガサワラカワラヒワ

撮影/川上和人

この鳥は絶滅の縁にいる。過去約100年で数が100分の1に減り、成熟個体はたった200羽、繁殖地の面積は10km2以下だ。正直なところ絶望的な数字である。外来のネズミやネコの捕食が影響していると考えられている。

オガサワラカワラヒワ

撮影/川上和人

今この鳥を守るため、小笠原村の島民ががんばっている。行政も研究者も動物園も自然保護団体も、この鳥を見たこともない多くの一般人も力を合わせている。

この鳥を次世代に残せるかどうかはまだわからない。残せなければ現代の人の恥だ。そんな鳥がいることを知ってほしい。

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading