学ぶ

【守りたい日本の鳥】小笠原諸島にしかいない「メグロ」。飛べるのに移動しない不思議

5月・メグロ

メグロ

写真/ozono akiranature pro.amanaimages

飛べるけど飛ばない贅沢。それが孤島の進化

選・文=川上和人(鳥類学者)

メジロのような目の周りの白いリングと、その周りの黒い三角模様が特徴である。この鳥は世界で3つの島にしかいないユニークな鳥だ。小笠原諸島の母島と向島、妹島である。

メグロ

撮影/川上和人

実はこれらの島の近くにはメグロが棲める島が他にもある。しかし、メグロはそこに移動しない。そして3つの島の間でも互いに移動しないことがわかっている。島間の距離はわずか5キロ、スズメでも簡単に飛べる距離だ。

メグロ

撮影/川上和人

メグロは毎日木々の間を飛び回り昆虫や果実を食べる。飛翔力は十分にあるのだ。生息地では密度が高すぎて、多くの若鳥がなわばりを持てずに死んでいく。それでも隣の島には行かない。不思議でしょうがないが、それが彼らの選んだ進化なのである。

『家庭画報』2022年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading