学ぶ

「勘違いする」を英語でなんと言う? 挫けそうなとき、心に響く英語名言!

簡潔で洗練された英語で表現されている英語名言は、まさに理想的な英語教材。小池直己さんの著書『偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現』(世界文化社)から選りすぐりの名言を抜粋、再編集した短期集中連載をお届けします。
最後には本書のプレゼント企画もございます。ぜひご応募ください。

アメリカの作家 F・スコット・フィッツジェラルドの名言
“Never confuse a single defeat with a final defeat.”
とはどういう意味でしょう?

イラスト/高松啓二F. Scott Fitzgerald 1896-1940
ミネソタ州セントポール生まれ。1920年代の「失われた世代」の作家の一人とみなされ、狂騒の「ジャズ・エイジ」を描いた『華麗なるギャツビー』などの作品は、後世の多くの作家に影響を与えた。



〔答えと解説〕
Never confuse a single defeat with a final defeat.
たった一つの失敗を、決定的な失敗だと決して勘違いしてはいけない。

 

Never+動詞  決して〜するな

〈Never+動詞(原形)〉は「決して~するな、絶対に~するな」。〈Don’t+動詞(原形)〉よりも、強く禁止する表現です。
Never grieve for what you cannot help.
(自分ではどうにもならないことで悲嘆するな)
Never be proud of your success.
(成功を自慢するな/勝って兜の緒を締めよ)

confuse ~ with … ~を…と勘違いする、錯覚する
single 〈形〉たった一つの、ただ一つの
defeat 〈名〉失敗、挫折
final 〈形〉決定的な、終局の

〔Think more!〕

ひとつの失敗で、すべてのものを失ってしまったかのような気持ちになるときがあります。このときの絶望感、喪失感は、大変つらいものですが、このつらい経験を乗り越えることによって、人間は、より一層精神的に強く、逞しく成長していくのです。

これからの人生を歩んでいくための試練の一つとして、失敗の経験を受けとめ、失敗の原因を解明して、再び失敗を繰り返すことのないよう、努力を重ねることが大切なのです。

失敗と成功の経験を何度も繰り返しながら、前向きに、ポジティブな人生を歩んでいきましょう。

偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現


古今東西の偉人の名言で、楽しみながら英語を学べます。中学・高校の基礎英語の学び直しにも効果的な一冊。

小池直己 著
■定価:1540円
■発行:世界文化社
amazonで購入する>>
Kindle版はこちら>>

【家庭画報.com会員限定】プレゼントのお知らせ

『偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現』を、抽選で1名様にプレゼントいたします。

応募には、家庭画報.comの会員登録(無料)が必要です。
未登録の方は〔ご応募はこちら〕ボタンから「新規会員登録」へお進みください。
応募締め切り:2022年02月13日(日)23:59まで

▶「家庭画報.com」会員って?
「家庭画報の会員登録が始まりました」をご覧ください。
▶家庭画報.com会員についてのお問合せ
「会員登録についてのよくある質問」をご覧ください。

注意事項(必ずお読みください)
●当選の発表はプレゼント書籍の発送をもってかえさせていただきます。抽選結果に関するお問い合わせはお答えしかねます。
●住所不明・長期不在等で届かなかった場合は、当選を無効とさせていただきます。

プレゼントの応募方法
●下の〔ご応募はこちら〕ボタンからご応募ください。ログインすると「INQUIRY FORM/お問合せ」画面に移ります。
●件名に「プレゼント応募」を選択し、詳細を記入する空欄に以下の必要事項をご入力のうえ、送信してください。
必要事項
1.希望する書籍名(『偉人たちのポジティブ名言で学ぶ英語表現』と記入)
2.この記事の感想
3.ご住所(プレゼントの送り先)

応募ボタン

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading