学ぶ

前澤友作さんらも宇宙へ!「宇宙観光旅行」は夢物語ではなく、手の届く現実のものに

夢と憧れの宇宙旅行時代へ 宇宙画報 第1回(全9回) 2021年9月、米スペースX社はミッション「インスピレーション4」で民間人のみの3日間の地球周回飛行に成功。気宇壮大な夢物語でしかなかった民間宇宙旅行が、遂に現実のものとなりました。日本においては、2021年は、野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に続き、実業家の前澤友作さんら2名が、ロシアのソユーズ宇宙船で12月にISSに向かいました。宇宙事業は、21世紀初頭より民間のベンチャー企業が参入したことで、開発のスピード感が異次元の高まりを見せています。今、注目の民間宇宙旅行の現在進行形を追いました。

人類(あなた)の夢が叶う─ 宇宙から美しい地球を見てみたい

国際宇宙ステーションから見た美しい地球。2021年は、野口聡一宇宙飛行士から星出彰彦宇宙飛行士にISSでの長期滞在が引き継がれ、一年のほとんどの期間、日本人が滞在したことになる。ⓒNASA

人類(あなた)の夢が叶う 宇宙から美しい地球を見てみたい

人類による最後の月面着陸から半世紀を経て、2019年、米航空宇宙局(NASA)はふたたび有人月面着陸を目指すとする「アルテミス計画」を発表しました。

人類(あなた)の夢が叶う─ 宇宙から美しい地球を見てみたい

そして2024年までに女性を含む米国人宇宙飛行士を月面に運ぶ着陸機の開発をスペースX社に託すことを決め、開発契約に28億9000万ドル(3140億円)に上る巨額の国家予算をつけ、計画を後押ししています。

一方で、民間の宇宙開発競争は猛烈なスピードで動きだしています。

月旅行に限れば、同じくスペースX社が2023年に予定している月周回の初フライト「スターシップ」の座席を、日本の実業家の前澤友作氏がすべて購入し話題を呼びました。

今、宇宙観光旅行は、夢物語ではなく、手の届く現実のものとなっています。

人類(あなた)の夢が叶う─ 宇宙から美しい地球を見てみたい

この特集「宇宙画報」では、注目の民間宇宙旅行の現在進行形を追う様々なテーマを配信予定です。

野口聡一さんの新刊 好評発売中
『宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術
「究極のテレワーク」と困難を突破するコミュニケーション力』

宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術

宇宙で働く野口さんの仕事術に迫るノンフィクション。実社会に役立つテレワーク術や生き方のヒントとともに、民間宇宙船や国際宇宙ステーションの最新情報なども併せて公開。1540円(税込み)。四六判 240ページ 世界文化社刊

取材協力/JAXA NASA 参照文献/『宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術』(世界文化社刊)

『家庭画報』2022年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading