学ぶ

【能の言の葉 11月】六浦(むつら)

11月・六浦(むつら)

六浦

今の神奈川県横浜市金沢区にある称名寺。寺の紅葉が盛りを迎える中、1本だけ青葉の楓があるところから「六浦」は始まる。photo by RYO KAWANO〈hyogen〉

四季をりをりの草木 おのれおのれの時を得て 花葉さまざまのその姿を 心なしとは誰か言ふ

選・文=大倉源次郎(大倉流小鼓方十六世宗家)

年中同じ品目が並ぶ都会の生活では四季の感覚が薄れるが、遠くの山に目を移せば彩りが自然の移ろいを教えてくれる。

能『六浦(むつら)』に描かれる物語は称名寺の紅葉と冷泉為相との素敵な歌の物語。

不安定な世の中だからこそ、草木と心を通わす生活に憧れるのだ。

『家庭画報』2021年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading