学ぶ

お彼岸の中日に、お墓参りに行くのはなぜでしょう?【残したい日本の行事 9月】

墓参の風習は日本独特

秋のお彼岸

秋のお彼岸
先祖と心が交流する日

絵・文=鮫島純子(エッセイスト)

“彼岸”はサンスクリット語パーラミター(到彼岸)の漢訳語。この時期に『六波羅蜜(ろくはらみつ)』という六つの修行を行えば彼岸(極楽浄土)に到る道が開かれるとされ、全国の寺院で彼岸法要が行われます。

お彼岸の中日(秋分・春分の日)は昼夜の長さがほぼ同じになることから、古(いにしえ)の人々は此岸(この世)と彼岸が最も近づく日、つまり先祖への感謝の気持ちが伝わりやすい日と考え、墓参の風習が始まったとか。

お萩(はぎ)〔春は牡丹餅(ぼたもち)〕を供えるのはもち米に餡を“合わせる”にかけて、先祖の心に感謝の心を“合わせる”という、素敵な意味もあるそうです。

『家庭画報』2021年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading