学ぶ

人間尊重【生きているとは何か・6月】書・文/中村桂子

6月・人間尊重

人間尊重

書・文=中村桂子(生命誌研究者)

地球には多様な生きものが暮らしています。アリはアリとして、バラはバラとして懸命に生きているのです。

私たちも人間として懸命に生きる事が大事です。ただ、人間の場合、技術を用いて便利に生きようとするために、生態系を壊し、他の生きものの暮らす場を奪っています。

もしかしたら人間は、自分だけが特別で、偉いと思い、傲慢になっているのかも知れません。自分たち人間を大切にすることは当然ですが、自己中心になって勝手なことをするのはどうでしょうか。

余りの自己中心を考え直すと、環境を壊すこともなく、私たち自身も暮らしやすくなるのではないでしょうか。

その時、私たちは人間、つまり自分自身を尊重していることになるのだと思います。

『家庭画報』2021年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading