学ぶ

男児の健やかな成長を祈る「端午の節句」【残したい日本の行事・5月】絵・文/鮫島純子

男児の健やかな成長を祈る

端午の節句

端午の節句
菖蒲の芳香が漂う一日

絵・文=鮫島純子(エッセイスト)

端午(たんご)は月初めの午(うま)の日を指し、平安時代以降、午(ご)と音が同じ五月五日を端午の節句というようになりました。

江戸時代には武を重んじる尚武(しょうぶ)にかけて“菖蒲(しょうぶ)の節句”ともいい、跡継ぎの男児が無事成長し、一族が繁栄するように祈る祝いの日となったそうです。

爽やかな香りが邪気を祓うとされる菖蒲を軒に下げ、お風呂に入れる風習も今に伝えられています。

一方、鯉のぼりは江戸時代の町人社会で生まれた節句飾り。

鯉が滝を登ると竜になるという中国の故事〔登竜門(とうりゅうもん)の由来〕にちなみ、困難を乗り越え、たくましく育ってほしいと、親は願いを込めて飾ります。

『家庭画報』2021年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading