アート・カルチャー・ホビー

寝台列車「ななつ星」をテーマにした作品集。『Seven Stories 星が流れた夜の車窓から』

〔今月の本/小説〕

『Seven Stories 星が流れた夜の車窓から』

『Seven Stories 星が流れた夜の車窓から』

井上荒野、恩田 陸、川上弘美、桜木紫乃、三浦しをん、糸井重里、小山薫堂 著/文藝春秋

走る高級ホテルと称される豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」の運行開始7周年を記念して、7人の作家が「ななつ星」をテーマに描いた小説・随想集。

一緒に乗るはずだったのに直前に亡くなり、あの世から、独りでななつ星に乗った妻を見守る夫を描く井上荒野さんの「さよなら、波留」。

新型コロナのためにツアーは延期になったものの、母親の誘いでリモートななつ星をする母と娘の姿が味わい深い川上弘美さんの「アクティビティーは太極拳」……。

豪華列車の雰囲気が細部の描写から伝わる一冊。

「#今月の本」の記事をもっと見る>>

〔関連記事〕
【開催レポート】「ななつ星」7年の軌跡を辿る 九州の心に触れる旅>>

『家庭画報』2021年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading